サクラエディタのマクロ(JavaScript)で繰り返し業務を少し改善

更新日:

日々使っているサクラエディタのマクロ機能で、

繰り返し業務を少しだけ早くする方法をご紹介します。

※役に立つかは置いておいて。

アイデアや発想を参考にしてもらえればと思います。

(日々の日報のテンプレートとして使ったりは出来そうです)

 

 

サクラエディタはVBScriptやJavaScriptを外部マクロとして実行できます。

サクラエディタの「マクロ記憶」では出来ないことも、外部マクロで書いてあげればできます。

今回は、何かを処理するのではなく、入力補助的に役に立つものをご紹介です。

 

作成ファイル

今回作成したファイルは以下の内容です。

一応コピペで使えるようにしています。

greet.js

Editor.InsText("お世話になっております。\n")
Editor.InsText("Solution HackのXXXです。\n")
Editor.InsText("\n")

 

select.js

Editor.InsText("SELECT * \n")
Editor.InsText("FROM \n")
Editor.InsText("WHERE 1 = 1 \n")
Editor.InsText("AND 1 = 1 \n")

 

マクロ(JavaScript)呼び出しの設定方法

設定→共通設定をクリック

 

「マクロ」タブを選択し、マクロ一覧から、外部マクロがあるフォルダを参照します。

「0」の行をクリックします。

 

続いて、

「名前」を入力。ここでは、「あいさつマクロ」としました。

「File」で実行したいJavaScriptを選択し、「設定」をクリック

その後、「OK」をクリック。

 

同様に、もう一つの外部マクロも設定します。

 

これで、ツール→登録済みマクロに追加されます。

クリックするだけで、JavaScriptを実行できます。

 

私は右クリックで設定したいので、以下設定を行います。

共通設定をクリック。

 

「カスタムメニュー」タブを選択。

種別「外部マクロ」を選択。

機能に表示された「マクロ」を「→」で右側に表示させます。

右側がマウスで右クリックした際に表示される項目です。

 

では、実際に右クリックしてみます。

「あいさつマクロ」と「せれくとマクロ」が表示されました!

 

実行すると、挨拶文が表示されます。^^

 

こちらは、セレクトマクロの実行例

FROMの後ろにテーブル名を付ければ、SQLのベースが出来あがります。

そこまで重宝するものではないかもですが、あれば便利かも。

 

日報報告の入力補助マクロ

続いて、入力補助として、

本日の日付を含めて自動出力してくれるマクロです。

うまいこと加工すれば、便利な機能です。

前述と同様に、コピペで使えます。

日報入力.JS

var dt = new Date();
var year = dt.getFullYear();
var month = ("00" + (dt.getMonth()+1)).slice(-2);
var day = ("00" + (dt.getDate())).slice(-2);

var week = dt.getDay();
var weekString = ["日","月","火","水","木","金","土"][week];
var today = year + "年" + month + "月" + day + "日" + "(" + weekString + ")";

Editor.InsText("お疲れ様です。XXXです。\n");
Editor.InsText("本日の作業報告を致します。\n");
Editor.InsText("\n");
Editor.InsText(today + "\n");
Editor.InsText("作業A:あああああ\n");

 

こちらを実行すると、こんな感じ。

お疲れ様です。XXXです。
本日の作業報告を致します。

2019年04月18日(木)
作業A:あああああ

 

如何でしょうか?^^

他にも色々なことが出来ますので、ぜひ考えてみてください。

少しでも参考になれば、幸いです。

-サクラエディタ, ツール
-, , , ,

Copyright© 株式会社Solution Hack , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.